1/5

新着・お知らせ

New!

2020年1月2

『ギャラリー』

更新しました

2020年1月1日

『ホーム』

更新しました

2019年9月30

『禅語』

更新しました

2016年2月22日

『弘福寺本堂瓦屋根改修工事ご報告』

追加しました

top0610.jpg

隅田川七福神

令和2年正月

 

江戸時代文化年間の始められた隅田川七福神詣は 大正7年(1918年)に100年記念会を行いました

平成30年(2018年)はこれより数えて100年が経ち

開祀200年を迎えました

令和2年は300年目に向けた新たな一歩を

踏み出してまいりたいと思う所存でおります

 

​最古の七福神めぐりの一つと言われている

隅田川七福神ですが

より皆様に知っていただきたく様々な事に

挑戦してまいります

 

 

弘福寺の御開帳は元日から1月13日までとなります

 

◎御分体・宝舟の頒布

隅田川七福神では、元日より1月13日まで

御分体・宝舟の頒布を行います

頒布時間は次の通りです

午前9時~午後5時

 

◎御朱印  御朱印帳・色紙への揮毫(きごう)

布袋尊の御朱印、色紙への揮毫は元日より7日まで

縁起物頒布は1月8日以降もいたします

8日以降はご本尊の御朱印をお分けいたします

午前9時~午後5時

新春 金泥揮毫 特別御朱印
各社寺で限定頒布

​限定100枚

​​1000円

◎奉納演芸

 3日

浅草雑芸団 春駒

各寺社を巡回して奉納します 

 2日

白鬚神社神楽殿にて太鼓・お囃子等奉納

 

◎隅田川七福神めぐりに言問姐さん登場

向嶋言問姐さんイベント情報

隅田川七福神めぐりに『言問姐さん』が登場します!

黄檗宗とは…

おうばくしゅう

通称、禅宗と呼ばれる臨済宗、曹洞宗に続く三番目の禅宗派で、 江戸時代前期、承応三年(1654)に徳川幕府から

招聘(しょうへい)された中国の僧、隠元隆琦禅師

(1592~1673)が長崎興福寺に渡来され、寛文元年(1661)に京都宇治に黄檗山萬福寺を開創されたことに始まります。

当時、その教えは臨済の正法といわれ、幕府や諸大名等が挙って

帰依し、社会的にも文化的にも数々の新風を吹き込んだと

伝えられます。

黄檗宗本山

黄檗山萬福寺

京洛の巽、妙高峰の麓に中国風の伽藍が整然とたたずむ

黄檗山萬福寺は日本禅宗(黄檗宗・臨済宗・曹洞宗)の一つ

黄檗宗の大本山であり、専門道場がおかれています。

黄檗宗では、儀式作法は明代に制定された仏教儀式で行われ、

毎日誦まれるお経は黄檗唐音(明代南京官話音)で発音し、

中国明代そのままの法式梵唄を継承しています。

information!

黄檗(OBAKU)―牛頭山弘福寺の絵画と墨蹟―
✒️2019年7月20日(土曜日)から9月23日(月曜日)まですみだ郷土文化資料館にて開催されました。
弘福寺が所蔵する江戸時代の絵画や墨蹟が地元で初めて公開されました。
​たくさんの方々にご来場いただきましてありがとうございました。
コメント 2019-10-04 125657.png
コメント 2019-10-04 125756.png

information!

― NHK大河ドラマ『西郷どん』紀行の撮影協力をさせていただきました ―
2018年9月30日放送「江戸城無血開城」にてオンエアされました

✒️幕末の元勲勝海舟(1823~1899)が江戸島田道場において剣道に励んでいた若いころ、師の勧めで弘福寺に通い、数年間大勢の雲水と共に参禅していた。後年、その剣禅一致の修業は幕末の世情波荒き時にあっても『春風面を払って去るの心地』を開く機縁になったと翁が自ら語られた記録『氷川清話』の中で述懐されている

information

ユーキャン「絵手紙講座」をはじめ、朝日カルチャーセンター・

NHK文化センターなどで絵手紙を教えておられる

花城祐子(はなしろさちこ)様が、昨年 隅田川七福神を参詣され、

最近発売された「花城祐子の絵手紙画帖 心に花が咲きますように」(マール社)に、掲載されているものです。

花城様にご了解頂きましたので、ご紹介致します。

― 黄檗宗 牛頭山 弘福寺―

住所:東京都墨田区向島5-3-2

TEL:03-3622-4889

FAX:03-3622-4828

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now